年長児のMRワクチンは4月から
2019.03.26
年長さんのMRワクチンの2期は4月から行うことができます。
毎年、お誕生日になってからや再勧奨があったのでと9月に打たれる方もいらっしゃいます。

今年度は成人の風疹ワクチン接種が臨時で始まります。風疹なので、風疹ワクチンを使って接種をすればいいのですが、世の中にはそれほど大量の風疹ワクチンは流通していません。
そんなわけで、麻しんの撲滅も含め子どもと同じMRワクチンで行うことが決まりました。

成人のワクチン接種は準備ができ次第始まります。今のところ7月以降に始まるのではと思っています。
行政の予想では、予定接種人数は年長さんの接種数と同じとのこと。

ということは、必然的に夏以降は品薄になるということになります。

できるだけ、4月以降早めに接種することをお勧めします。

五月の連休の後には東南アジアを旅行して麻しんにかかって帰国する旅行者も予想されますので、なおさら4月中に接種されることがベストの選択と思います。

5月の連休中に東南アジアを旅行される方で、麻しんのワクチンが2回接種されていない方は、旅行前に接種して旅行に出かけることもお勧めします。

麻しんは死に至る病です。ワクチンによってのみ予防することができますので、躊躇なくワクチンを打ってください。
2019.03.26 18:14 | 固定リンク | 診療日誌

- CafeNote -