無事15年が終わりました。
2018.11.01
11月1日は当院の開院記念日です。
平成15年に開業ですから、丸15年が終了し、今日から16年目に入ります。
この15年で北斗市の出生数は500名から300名となり、受診数は右肩下がりですが、ワクチンの数は大変多くなり、子どもに関しては予防医学が定着した感じです。

でもいまだに、感染性のある病気はかかったほうが免疫が長く続くという誤解が多くの人(特に年配の人)に多く残っています。そのため、若いお母さんやお父さんでも、痛くて泣くワクチンはしないでもいいのではと思われる方もいらっしゃいます。

今、東京方面では風疹の流行が顕著です。流行の一翼を担っているのは、ワクチンをしていない世代と、ワクチンを勧奨されたにもかかわらず、ワクチンをしなかった人たちです。その中で、妊娠中のお母さんは自分が風疹にならないか、子どもに先天性風疹症候群(白内障、難聴、心臓病が出ます)が出ないかを心配しなければなりません。

5年前にも同様な風疹の流行があり、40名近くの先天性風疹症候群が報告されています。

北海道においては風疹の流行は報告されていませんが、始まればあっという間に広がることが予想されます。

今からでも遅くはありません。自費にはなりますが、必要なワクチンを受けていない方は早急にワクチンをしましょう。
それは、自分だけでなく、まだ見ぬわが子を救う糧になります。
2018.11.01 10:30 | 固定リンク | 診療日誌
読まれているもの
2018.10.17
HPを運営していると、皆さんどんなページに興味があるのかなとか、どんな検索でかみいそこどもクリニックのHPにたどり着いているのか気になることがあります。その中でも院長コラム、皆さんどれを興味を持っているのか調べてみました。
各月のダウンロード数1位を見ると
1月
ワクチンを受けましょう 2005年10月21日
2月 3月
目の検査 2006年5月2日
4月 5月 8月 9月
MRワクチンを受けましょう 2009年3月6日
6月
病児保育 2006年4月14日
7月
大人の不注意が子供の死の危険をもたらす 2008年10月2日
10月
早寝早起き朝ごはん 2006年10月3日

こんな感じです。

ワクチン受けてくださいね。世の中にはまだまだかかった方がいいという一般の人ならず、小児科医でもそういう変な輩がおりますので、惑わされないようにしてください。ワクチンが危ないという人の言うことを信じて自分のお子さんが感染症の重大な合併症に襲われても、それは誰も保証してはくれません。
何度も何度もおたふくかぜと難聴の話は知っていると思いますが、みずぼうそうで脳炎になったり、死亡したりという事例があるのはご存知ですか?
麻疹はつい20年前までは、小児病棟を埋める重大な感染症でした。お母さんの風疹感染で、こどもに難聴や白内障、心臓奇形などの症状が出る先天性風疹症候群をご存知ですか?
ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンが登場する前にはどんなに多くの赤ちゃんが細菌性髄膜炎で命を落としたのか皆さんはご存知ですか?

母子手帳の普及により、周産期の母子感染が減り、周産期死亡率が減少しました。でもいまだにお産はお母さんにとっては命がけの事業です。ですから、母児ともに健康ですって必ず無意識にそういうでしょ。でもね、1歳以降の不慮の事故死が多いのがこの日本の特徴なんです。それだけ、こどもをしっかり見ているようで実際は見てはいないんです。さすがにたばこの誤嚥は最近は減りましたが、1週間には必ず一人は「こんなもの食べたかも」と言って受診される方がいます。

3歳健診の目の検査は、遠視と弱視を見つける検査です。これを見逃すと、後で眼鏡をかけても視力が正常に発達しないのです。遠視は遠くは見えて近くが見えないと思っている方がいるかもしれませんが、実際は遠視の方は眼鏡をかけていないと遠くも近くもはっきりと見えていません。このことを理解してもらうのにとても時間がかかります。
2018.10.17 23:48 | 固定リンク | 診療日誌
今年も一年が終わります
2017.12.29
皆さんはこの一年はどんな一年でしたか?

私のところは長女が結婚して出産しと目まぐるしい一年でした。
孫ってとってもかわいいですね。
昔からそういわれていますが、本当にそうだと思える一年でもありました。
スマホの中には孫の写真でいっぱいです。
会う人にかわいいでしょって見せる自分の姿が恥ずかしいくらいです。

今年生まれた子供は100万人を切ったそうです。
昨年から続けてだそうで、そのうち小児科はいらなくなってしまうかもしれませんね。

予防接種の普及で、子どもの感染症はほんとに少なくなりました。
麻疹や風疹は、ここ10年見たことがありません。
それでも今年も各地で麻疹の散発的な流行がありました。
どういう人が麻疹の感染者になったかを調べるとその多くは麻疹のワクチンを
しっかりと受けていない20代から30代の人が大半だということが分かります。

世の中にはワクチンなんてしなくて大丈夫。有害事象のほうが心配だという人がいます。

でも、多くのこどもたちが麻疹などのワクチンをして、流行を阻止しているので、
ワクチンをしていない人が助かっているという現実を無視していることに
その人たちは気づいていません。

麻疹に罹り、呼吸器につながったりなどの重症のお子さんを見て
私たちは小児科医としての経験を積みました。

そんなことを見ていないとんでもない医師がワクチンなんてなんていっても
どこに説得力があるのでしょう。
でも、一部の保護者の方はその話を信じてしまいます。

周りにそんな人はいない。自分の経験でもそんな人はいない。
そうなんです。ワクチンの普及は重症な人を見えなくしてしまいます。
麻疹のワクチンが定期化されたのは昭和53年。
風疹のワクチンが男女ともに打つようになったのは平成6年なんです。
水痘のワクチンの定期化は平成26年からです。

たった3年で水痘はほとんど日本からいなくなりました。
ということは、この子たちは老人になっても帯状疱疹で苦しむことはないということです。
なんてすばらしい成果なのでしょう。
このことを否定する人に私は石をも投げてあげたい。

子宮頸がん予防を旗印にした、パピローマウイルスに対するワクチンも、
悲哀の中にいます。
先進国の中で、安全よりも安心のほうが重要とワクチンをストップしている国は日本以外にありません。
その間に何万という子宮が子供を授かれない状態へと導かれていきました。
有害事象といわれたことは、ワクチンを接種していない人にも同様に起きることが
統計学的にも立証されたのに、いまだに再開にはなっていません。
ブログで紹介した、村中璃子さんの受賞は日本の新聞ではほとんど紹介されていません。
こんなことでほんとにいいのでしょうか。

私のところのクリニックに集ってくれる多くの保護者の方が、
正しい判断のもと、子どもに幸せを与えてくれるワクチンを
積極的に接種してくれることを望んでやみません。

2017.12.29 22:55 | 固定リンク | 診療日誌
パピローマウイルスワクチン 続き
2017.12.11
こんなことがいつまで続くのでしょう。

予防できることがあるのに、予防できないなんてこんな悲しいことはありません。

村中さんの叫びをぜひ読んでください

https://note.mu/rikomuranaka/n/n64eb122ac396
2017.12.11 20:53 | 固定リンク | 診療日誌
パピローマウイルスワクチンのこと
2017.12.02
パピローマウイルスワクチン(子宮頸が予防ワクチン)に関する記事が出ておりましたので、リンクを張っておきます。皆様読んでください。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/rikomuranakajohnmaddoxprize?utm_term=.marDAYj08#.mrDxZo70a

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvvaccine1?utm_term=.ox96zlEaD#.djJ3BY0PE

ただ怖いと思うだけではなく、いろんな情報に接して、判断することが肝要ですね。
2017.12.02 00:45 | 固定リンク | 診療日誌

- CafeNote -